J・ティンバーレイクとミラ・クニス、「カジュアルな関係って、いけないこと?」

映画『Friends With Benefits』の主演の2人、ジャスティン・ティンバーレイクとミラ・クニスが、映画の題材である「Friends With Benefits」、つまり「セックスフレンド」について語る映像が話題になっている。

この映像は、PSA(Public Service Announcement)、日本でいうところの公共広告風の映像になっており、2人は深刻そうに「セックスフレンド」について語っている。真剣に語るその話題は、「ソーシャル・ネットワークがセックスフレンドの関係に対して見落としていること」だ。

ジャスティン&ミラ in 『Friends With Benefits』PSA


まずはジャスティンが、フェイスブックの「交際ステータス」機能について、「信じられるかな、『交際ステータス』の欄に『セックスフレンド』って選択肢がないんだよ?」と悲しみの表情を見せる。するとミラも怒りをぶつける。「なぜ、セックスフレンド関係という、友達とカジュアルな関係を持つ人々の意見は、こんなにも無視されているのかしら」

公開された映像を見ると、いかにもセックスフレンドの関係にありそうなジャスティンとミラ。そう、ジャスティンとミラの恋のウワサは確かにあったのだが、先日のMTVアワードでの「おっぱいわしづかみパフォーマンス」などでもわかるように、これらは明らかに映画のプロモーションの演出であり、2人は恋人同士ではないと考えられている。

映画のプロモーションに貢献するため、共演者同士が恋に落ちたように見せかけるフェイク・カップルという関係も実は存在している。フェイク・カップルも、なかなか演じるのが大変そうに感じるが、フェイク・セックスフレンドを演じているジャスティンとミラも、「セックスフレンド」と連呼しながら、涙ぐましい努力で映画をヒットさせようとしているのかもしれない。

---
■関連記事
全部ウソだった!? フェイク・カップルになりすます共演者たち

■関連フォトギャラリー

9 PHOTOS
ジャネット・ジャクソン、英「ロイヤル・アルバート・ホール」でライブ
See Gallery
J・ティンバーレイクとミラ・クニス、「カジュアルな関係って、いけないこと?」

Janet Jackson performs at the Royal Albert Hall
at London, England on on June 30, 2011

Janet Jackson performs at the Royal Albert Hall
at London, England on on June 30, 2011

Janet Jackson performs at the Royal Albert Hall
at London, England on on June 30, 2011

Janet Jackson performs at the Royal Albert Hall
at London, England on on June 30, 2011

Janet Jackson performs at the Royal Albert Hall
at London, England on on June 30, 2011

Janet Jackson performs at the Royal Albert Hall
at London, England on on June 30, 2011

Janet Jackson performs at the Royal Albert Hall
at London, England on on June 30, 2011

Janet Jackson performs at the Royal Albert Hall
at London, England on on June 30, 2011

Janet Jackson performs at the Royal Albert Hall
at London, England on on June 30, 2011

HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む