デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカム夫妻に初の女の子が誕生

デヴィッド・ベッカムヴィクトリア・ベッカムの間に7月10日、待望の女の子が誕生した。

『People』誌によると、女の子は同日朝7時55分にロサンゼルスのシーダーズ・サイナイ病院で誕生。体重は約3,500グラムだという。現時点では、名前は明らかにされていない。

1999年7月に結婚してから早12年。長男のブルックリン君を筆頭に、次男のロメオ君、三男のクルス君と3人の息子に恵まれたベッカム夫妻だったが、長いこと女の子の誕生を望んでいた。ベッカム家の広報担当ジョー・ミロイ氏はまた、「3兄弟は妹の誕生にとても喜んでいます」と声明を発表している。

今年の3月にヴィクトリアが女の子を妊娠しているとわかったときは、デヴィッドも次のようなコメントを残していた。「僕たちはまだ興奮状態にあるんだ。3人の男の子が生まれ、もう1人授からないかなと願っていたんだ。それが女の子だとわかって、幸せの絶頂にいるよ」
一方、女の子のゴッドマザー(名付け親)には、親友で『デスパレートな妻たち』の女優エヴァ・ロンゴリアが選ばれたようだ。

4人の子供に恵まれ、一段とにぎやかになりそうなベッカム家。中でも女の子はヴィクトリア譲りのかなりオシャレな子供になるのは間違いないだろう。

---
■関連記事
ヴィクトリア・ベッカムのベビーシャワーにセレブが集合
妊娠中のヴィクトリア・ベッカム、子供の名付け親は『デス妻』のエヴァ?


■関連フォトギャラリー

17 PHOTOS
アメリカ人気子供番組「Yo Gabba Gabba」イベントにセレブファミリーが参加!
See Gallery
デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカム夫妻に初の女の子が誕生
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む