バツ3となったジェニファー・ロペスの恋愛・結婚・離婚

歌手のマーク・アンソニーとの約7年間の結婚生活に終止符を打ったジェニファー・ロペス。そんな彼女がこれまで深く関わってきた男性陣を<huffingtonpost.com>が紹介している。

まずは1997年に結婚した最初の夫、オジャニ・ノア。マイアミでウェイターをしていたノアとジェニファーの結婚生活はわずか11か月で終わりを迎えたが、セックス・テープがあるとかないとかで、長い間モメることとなってしまった。

1999年にはP・ディディことショーン・パフィ・コムズと交際をスタート。だがコムズの銃の不法所持などがきっかけで、こちらもあえなく破局。だが引き続き友好的な関係にあるようで、コムズは「ジェニファーは素晴らしい人だ」と語っている。

そして2000年には、自身のヒット曲「Love Don't Cost A Thing」でバックダンサーを務めたクリス・ジャッドと電撃結婚。だがジェニファーは、映画『ジーリ』で俳優のベン・アフレックと親しくなり、2度目の結婚も短期間で終了した。

そして、ベン・アフレック。共演した映画『ジーリ』は駄作といわれ、大コケ。互いに高価な贈り物などをして話題を集めたり、婚約までしたものの、こちらも2004年初めにジ・エンド。ちなみにベンの現在の妻も「ジェニファー(・ガーナー)」です。

ベンとの破局から半年もしないうちに、今度は元カレでもあるマーク・アンソニーとこちらも電撃結婚。2008年には男女の双子をもうけるが、ご存じの通りジェニファーは3度目の離婚を発表した。

---
■関連記事
ジュード、ジャスティン、A・ロッド...恋多き女 キャメロン・ディアスの男遍歴

■関連フォトギャラリー

22 PHOTOS
2011年エル・スタイル・アワード授賞式
See Gallery
バツ3となったジェニファー・ロペスの恋愛・結婚・離婚
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む