『ビバヒル』のトリ・スペリング、胸の整形を激しく後悔!

90年代に絶大な人気を博した人気ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』でお嬢様ドナ・マーティンを演じたトリ・スペリングが、「若気の至り」を激白した。

現在38歳のトリは、2006年に俳優のディーン・マクダーモットと再婚。2007年と2008年にそれぞれ男の子と女の子を出産し、現在は第3子を妊娠中だ。

最近、朝のトークショー『Good Morning America』でインタビューに応じたトリは、子育てに追われながらも充実した生活を送っているとコメント。だが1つだけ、整形に関しては「人生最大の過ちだった」と後悔していることを明かした。

トリはコンプレックスだったという鼻の整形手術に加え、胸の「お直し」も実行。だがここ数年で、胸部に不自然なくぼみができてしまっている。

「20代の初めに豊胸手術をしたの。だけど当時、これが授乳に影響があるのだと知っていたら絶対に手術は受けなかったはずよ。母親でいるのがとても楽しくて仕方ないの。今は3人目ができたし」と、トリ(注:トリの豊胸手術と授乳の具体的な関連は不明)。

ハリウッドでは常識中の常識となったお直し。美しくなりたいと思うのは自然なことだろうが、やはり手術前には担当医との念入りな打ち合わせが必要だろう。

---
■関連記事
レディー・ガガ、「美容整形なんて、リスクが大きいだけ!」

■関連フォトギャラリー

15 PHOTOS
セクシーなコスチューム
See Gallery
『ビバヒル』のトリ・スペリング、胸の整形を激しく後悔!
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む