ブラピが本気。巨匠テレンス・マリック監督の「ツリー・オブ・ライフ」

本年度のカンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞。あの伝説の巨匠テレンス・マリックが監督。ブラッド・ピット、ショーン・ペンなど硬派な演技派が出演を熱望。もちろん本国での評価も高い。とくれば、観る前から否が応でも期待が高くなる。が、その期待は裏切られなかった、さすがの話題作。8月12日(金)全国ロードショー
 ストーリーの舞台は1950年代、テキサス中央部の田舎街。力こそがすべてと信じる父(ブラッド・ピット)と純真な愛に満ちた母(ジェシカ・チャスティン)の間に生まれたジャック(ハンター・マクラケン)は、二人の弟と幸せに暮らしていた。が、次第に厳格な父への反感を募らせていき、それはジャックのその後の人生に大きく影響していく。時は流れ、実業家として成功したジャック(ショーン・ペン)は人生の岐路に立ち、心に深い喪失感を抱く。そして子供の頃の父との確執の意味をたどろうとする...。

この映画をより楽しむためには、テレンス・マリック監督がどういう人かを前もって知っておいたほうがいい。1943年にイリノイ州で生まれ、ハーヴァード大学とオックスフォード大学で哲学を学び、マサチューセッツ工科大学で教鞭をとる。その後、映画教育の名門アメリカン・フィルム・インスティテュートで学び、映画製作の道へ。そう、監督は、映画業界にはあまりいない哲学者で、かなりなインテリなのだ。ドイツの哲学者ハイデッガーを研究し、"自然と人間"というテーマを主軸とした作品が多く、圧倒的な自然の力を映した映像と、その摂理と時に対話し時に抗う人間を描く対比はどの作品にも見て取れる。代表作は「天国の日々」「シン・レッド・ライン」「ニュー・ワールド」など、5作の長編映画のみ。「天国の日々」の興行的な失敗以降、映画界から姿を消したが20年後に「シン・レッド・ライン」で再び脚光を浴びた。この映画にはショーン・ペン、ジョージ・クルーニーなど名だたる俳優達が彼の作家性を支え、破格のギャラで出演していたらしいが、ハリウッドにはそういう懐の深さがある。寡作ではあるが、数多くの著名な映画人たちが彼を崇拝し、この鬼才の、実直なまでの映画製作を支えてきたようだ。

というわけで、ブラッド・ピットも、監督の熱烈なサポーターでこの映画の完成を切望していたそうだが、その熱意が実によくわかる。50年代のアメリカが物質的にも繁栄を続ける中、中西部の質素な田舎街で、努力と規律を信じ、孤独を背負う厳格な父親を、ブラピは本当に巧く演じていて、称賛に値する。年齢を重ねるたびに難役に挑み続けているブラピだが、イケメンすぎる事実を隠すためになんだか無理している気がしてならなかった。ところが、本作では、私生活と重なるところもあるのか、本気度が他の映画と違うように思う。真摯な姿勢で愛情を持って演じているのがわかり、"伝説の監督との奇跡のコラボだわ"、と唸ってしまう。

またこの映画には、監督の真骨頂である自然と人間の関係が美しい映像となって織り込まれている。幻想的な宇宙や天地創造を思わせる大自然の様子や人間の誕生と、その一連の流れが意味する人間や家族の普遍的な絆、といった映像を観ていると、自分の中に知らない間に奥深くプログラミングされた"生物"としての記憶をたどっているようだ。まさに「2001年宇宙の旅」を観た時と同じ感覚に陥る。この不思議な演出は、若干長くて確かに好き嫌いの評価が分かれるところかもしれない。が、それが監督ならではの独特の解釈。この美しい映像があってこそ、ブラピたち俳優が演じる実写の部分で、様々な人間の感情がより生きてくると思ったし、微妙な表情やしぐさがより大きな意味を持つように思われた。

観ている最中はあらゆる感情や考えが頭や心の中をめぐっていたし、若干難しいところもあるのだが、観終わった後、シンプルに幸せな気持ちになれた家族の壮大な叙事詩。 "子供って、家族って、人間のつながりっていいなあ"と素直に思えた。個人的には男性にオススメ。自分が大人の男になり、あるいは父になった時、子供の時の自分と父親の関係を重ね合わせて観てみるのもいいかも。こういう今の日本だからこそ、深遠なテーマを見事な演技と映像で表現した、巨匠、渾身の作品を観てほしいと思う。

「ツリー・オブ・ライフ」  8月12日(金)全国ロードショー
続きを読む