『glee』のディアナ・アグロン、「リンジーを見ると、悲しくなってくる」

ドラマ『glee』の成功もあり、スターへの階段を一歩ずつ、着実に進んでいるディアナ・アグロン。そんな彼女が女性誌『コスモポリタン』9月号のインタビューで、自身の知名度が上がることと、私生活を表にしないよう、いかに努力しているかを話した。

ディアナは同誌に対し、「リンジー・ローハンみたいな人を見ていると、とても悲しくなるわ。彼女は素晴らしい女優なのに、その私生活を知り過ぎている人が多いのって、どうなのよ。彼らは(私生活を知った)セレブのことを、プロフェッショナルな人間として見ることができなくなってしまうの。私はそんな目にあいたくない」

明日から全米で公開される映画『グリー ザ・コンサート3Dムービー』のプロモーションで忙しい日々を送っているディアナ。彼女もまた、自身の私生活でタブロイド紙の一面を飾ったことがあるのだ。

ディアナは以前、日本でも公開されたSFアクション映画『アイ・アム・ナンバー・フォー』で共演したイギリス人俳優のアレックス・ペティファーと交際していた。2人は一緒に暮らすまでになったが、今年2月に彼らの婚約報道が流れたときには、ディアナはすでに荷物をまとめ、愛の巣を出ていたのだ。

とはいうものの、私生活すべてを完全に秘密にするわけでもないらしいディアナ。最近では人気トークショー『The Late Show with David Letterman』に登場し、鼻を2度折ったため整形手術を受けたことを明かしている。

---
■関連記事
【セレブのドン引き事件簿】リンジー・ローハン編

■関連フォトギャラリー

9 PHOTOS
釈放されたリンジー・ローハン
See Gallery
『glee』のディアナ・アグロン、「リンジーを見ると、悲しくなってくる」
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む