【フォト】優れたミュージシャンの失敗作


1.プリンス 「イマンシペイション」1996
感傷的で湿っぽく、彼の献身的なファンでさえ長いと感じてしまう、そうとうな駄作

2.マドンナ 「アメリカン・ライフ」2003
茶色に染めて軍服に身を包み、過激な反戦メッセージを発信したが、彼女のキャリア史上最も低い売り上げのアルバムに

3.ルー・リード 「無限大の幻覚」1975
鼓膜を突き破るような金属音は、音による拷問のようで聞くに耐えない

4.デヴィッド・ボウイ 「ティン・マシーン」1989
ハード・ロック・バンドで挑んだアルバムは、精細を欠いた平凡なサウンドが酷評され

5.ザ・ローリング・ストーンズ 「ダーティ・ワーク」1986
メンバーの不調和の中から生まれた作品だけあって、当時の失敗の数々が聞こえてくる

6.ミューズ 「ザ・レジスタンス」2009
粗雑な楽曲ばかりで、ごまかし上手なクイーンのトリビュートバンドのよう

7.ベック 「ミッドナイト・ヴァルチャーズ」1999
サウンドは乱雑で、プリンスを真似したような単なるコピー作品

8.ジェイ・Z 「ザ・ブループリント2」2002
長過ぎるうえに平凡なサウンドで、ジェイ・Zのアルバム中、最も駄作といわれている


8 PHOTOS
Good Bands Gone Bad
See Gallery
【フォト】優れたミュージシャンの失敗作

Prince  Emancipation ,1996

Madonna  American Life,2003  

Lou Reed   Metal Machine Musi ,1975

David Bowie  Tin Machine,1989 

The Rolling Stones   Dirty Work,1986 

MUSE   The Resistance,2009

BECK  MIDNIGHT VULTURES,1999

Jay-Z  the Blueprint 2 ,2002 

HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る


---
■関連記事
続きを読む