カニエ、エイミーの名作'バック・トゥ・ブラック'をカバー!?

英国のデイリー・ミラー誌によると、現在カニエ・ウェストは、7月に死去したエイミー・ワインハウスの作品「バック・トゥ・ブラック」のカバーをレコーディングしているところだという。

現在カニエはトラック制作に励んでおり、間に合えば来月ロンドンで行なわれる、メンズウェア会社、モス・ブロスの160周年アニバーサリー会場でのパフォーマンスの際に、そのプレミアが公開されるのではないかと予想されている。「それはとても感動的なものであり、カニエはシンセサイザーとともに、心の底からの歌を披露してくれることでしょう。」と関係者は話している。

それが事実であるなら、彼が2008年にリリースしたアルバム「エイオーエイズ・アンド・ハートブレイク」に続く名作の登場が期待できそうだ。

また、カニエは先日行なわれた<ビッグ・チル・フェスティバル>の中でも、エイミーの「ティアーズ・ドライ・オン・ゼア・オウン」をプレイしていた。その際彼は、「あるハウスパーティで、俺はこの美しく、驚くべき才能に溢れた、面白い女性に出会ったんだ。これは彼女への追悼なんだよ」と曲をかける前に一言。続いて「彼女はまだ俺たちの傍にいるんだ」とメディアに向かって語りかけていた。


カニエ・ウェスト@ビッグ・チル・フェスティバル
続きを読む