ウィル・スミスがラッパーとして返り咲く!?

ハリウッドが誇るスーパー・スター、ウィル・スミスが、近いうちに彼のルーツであるラップ業に復帰するかもしれないと、ザ・ゲームの『ザ・レッド・アルバム』の楽曲などを手掛けたプロデューサーのラメール・マーズ・エドワーズが語った。

そして「僕たちは今、スヌープやウィズ・カリファとともに映画『ハイスクール』にも取り組んでいるところだし、ウィルも違う道を歩んでいるけど、実は彼をラッパーとしてカムバックさせようと計画しているところなんだ。」と<XXLマガジン>に話している。

ウィルは、ヒップホップ・デュオ、DJ・ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスとしてデビューを果たし、1998年にはグラミー賞を受賞、ラップシーンを牽引する存在となった。しかしその後俳優業へと力を入れるようになった彼は、スクリーンの世界で名を馳せる存在に。以降も俳優業と並行してアーティストとしての作品を残すも功を奏さず、なかなかの苦戦を強いられてきた。そして2005年、アルバム『ロスト・アンド・ファウンド』のリリースを最後に、めっきり音楽からは遠ざかっていたのだが...。

しかし今やレッドカーペットの上を闊歩しているのは、昨年シンガーとしてデビューを果たした10歳の愛娘ウィロウちゃん。果たしてウィルはアーティスト'ウィル・スミス'として父の威厳を取り戻そうとするのか?
あるいは俳優としてのスーパー・スターの座をキープし続けるのか?
続きを読む