ハリウッドを背負う新たなヒーロー、クリス・エヴァンスの快進撃

全米で大ヒット中の3D映画『キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー』では、秘密の血清によりキャプテン・アメリカに変身したクリス・エヴァンス(日本公開は2011年10月14日)。そんな彼の次なる主演作『Puncture』では、危ないクスリを使用する主人公を演じることがわかった。

大ヒットした超大作から一転して、クリスが出演作として選んだのは、法廷バトルを描いたインディー映画の『Puncture』。彼が演じる主人公は、かなり頭のキレる弁護士ながらも、薬物中毒という面も持つマイク・ワイスという男。ストーリーは、「汚染された注射針を刺されたナースの事件にかかわるうちに、背後にある政府の陰謀に気づき、弁護士として社会の闇と闘う」というもので、実話をもとにしている。クリスはこのマイクという役を気に入っているようで、MTVの取材にこんなコメントをしている。

「このキャラクターに対しては、みんな同じことを言うんだ。『頭が良すぎる』とか『天才すぎる』とかね。確かにこのマイクって人物は、頭がキレすぎてハンパじゃない天才なんだけど、その代わりに、ちょっと人よりも思いやりが足りなくて、ちょっと無礼で、冷淡で、その結果やっぱりドラッグに手を出してしまって、取り返しがつかなくなるんだ。とても演じがいのあるキャラクターだったよ」

こう語るクリスだが、公開された予告編を見ると、マリファナの煙がモクモクの部屋で、上半身が裸ながらも、ハンパじゃない早口の「弁護士セリフ」をまくしたてたかと思えば、「正しいことのために、(裁判で)負ける覚悟はある」と悩める天才ぶりもさっそく披露している。

『ファンタスティック・フォー』や『キャプテン・アメリカ』といった派手なヒーロー映画で一躍有名になったクリスだが、地味でダークな主人公も楽しんで演じているようだ。ハリウッドの監督たちからしてみると、クリスは今最も、さまざまなタイプのヒーロー役をやらせたくなる俳優なのかもしれない。

---
■関連記事
理想の仕事~映画の学会とビジネスを結ぶ仕掛け人

■関連フォトギャラリー

9 PHOTOS
今週お誕生日のセレブたち!Happy Birthday!8/22-8/28
See Gallery
ハリウッドを背負う新たなヒーロー、クリス・エヴァンスの快進撃

Henri Cartier Bresson was born on 22 August, 1908

Julian Casablancas was born on 23 August, 1978

River Phoenix was born on 23 August, 1970

Rupert Grint was born on 24 August, 1988

Tim Burton was born on 25 August, 1958

Blake Lively was born on 25 August, 1987

Mother Teresa was born on 26 August, 1910

Alexa Vega was born on 27 August, 1988

Jack Black was born on 28 August, 1969

HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む