ジェイ・Zとビヨンセ、音楽界一の高収入カップルに

実際には昨年の半分の稼ぎだったにも拘らず、ジェイZと妻ビヨンセはフォーブス誌の「セレブリティ・カップル長者番付」の第2位、ひいては音楽界では1番のお金持ち夫婦、という結果になった。

このスーパースター・カップルは、去年の3月から今年の3月にかけて実に7200万ドルを稼ぎだし2人の間で等分されたという。その内にビヨンセがプロデュースするファッションブランドDereon、エンドース契約を結ぶL'OrealDirecTVGeneral Mills、ジェイZLive Nationとの15000万ドルでの10年契約、40/ 40Clubs、広告会社Translationとの契約金も含まれる。

1位はNFLのスター選手トム・ブレイディとその奥方でスーパーモデルのジゼル・ブンチェンの7600万ドルで、そのほとんどがモデルとしては世界で初めての億万長者になるといわれている奥様の稼ぎだとか。

また、3位のハリウッド・カップル、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの夫婦は5000万ドルで2位から大きく引き離される形になった。

最近もジェイZは「一晩でパーティに使う金額」自らの記録を塗り替えるべく、マイアミで行われたカニエ・ウェストとのアルバム『Watch The Throne』のリリース・パーティで、なんと25万ドルもの大金をはたいたと同じくフォーブスに伝えられている。

続きを読む