ルー・リード、メタリカを涙させる

元ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのルー・リードとメタリカのコラボレーション・アルバム『Lulu』の中の1曲である「Junir Dad」をレコーディングしていた時のこと。リードの歌がメタリカのギタリスト2人、カーク・ハメットとジェームス・ヘットフィールドを涙させてしまったという。

ハメットが情報サイト<Contact Music> に語ったところによると、「つい3、4週間前に父を亡くしたばかりで、コントロール・ルームを飛び出してキッチンで泣き出しちゃったんだ」続いてジェームスもキッチンへ駆け込んできて2人して大泣きしてしまったという。ジェームスには10代の頃父に家を出て行かれてしまった過去がある。「ジェームスも同じような状態でキッチンにやってきて泣き出してしまったんだ。すごいことだよね。だってルーは素晴らしい歌詞だけで、大の大人でしかもメタリカのギタリストを2人まとめて泣かせちゃったんだよ。とんでもないよ。」

アルバムは10月31日にお目見えとなる。今年のハロウィンは世界中が涙するのかもしれない。
続きを読む