火のないところに煙は立たない? 離婚報道が現実となったセレブ

最近ではウィル・スミスとジェイダ・ピンケット=スミスの別居・離婚報道が出て、ウィルの息子がツイッターでこれを否定したのが記憶に新しいが、セレブが離婚を発表する前には多かれ少なかれ、「この2人ヤバいんじゃないの?」といった報道が出る。そこで今回は、離婚のウワサが出て一度は否定したものの、結局離婚してしまったセレブ・カップルを挙げてみた。

1.マドンナ&ガイ・リッチー
2008年7月、マドンナの広報代理人のリズ・ローゼンバーグは『People』誌に対し、「マドンナとガイが離婚する予定はありません」と答えていた。さらにその5日後には、マドンナ本人が「夫と私は離婚を考えていません」と同誌にコメントを出している。だが同年10月には、ローゼンバーグが夫妻の代理として、「マドンナとガイは、7年半の結婚生活に終止符を打つことで合意しました」との声明を出した。

2.ブリトニー・スピアーズ&ケヴィン・フェダーライン
あるインタビューで、度重なる離婚報道について聞かれたブリトニー。「そういったくだらないウワサには答えないわ」と語り、ケヴィンとの結婚は素晴らしいと繰り返していた。TVでは夫婦の生活を追ったリアリティー番組『Britney & Kevin: Chaotic』も放映されていたが、結局、第2子の出産からわずか2か月後の2006年11月、ブリトニーは「理解しがたい不和」を理由に離婚を申請した。

インタビューで結婚生活の順調さをアピールするブリトニー


3.ニック・ラシェイ&ジェシカ・シンプソン
2005年10月、ジェシカとニックの代理人はAP通信社に対し、2人の別居報道を否定。だがその3か月後には、ジェシカが離婚を申請したというニュースが報じられることに。時は過ぎ、ニックは最近、タレントのヴァネッサ・ミニロと再婚したばかり。ジェシカも時期は定かではないが、婚約者と結婚式を挙げる予定だ。

4.ジェニファー・ロペス&マーク・アンソニー
前から離婚報道はあったけど、いざ発表されると結構なサプライズだったのがこの2人。マークとジェニファーには2008年初め、すでに離婚報道がなされていた。だが代理人はすぐさまこれを否定。上記のセレブたちのように「その○か月後...」ではなかったが、3年後に離婚が現実となってしまった。

5.アヴリル・ラヴィーン&デリック・ウィブリー
2人がまだ夫婦だった2008年、デリックのバンドSUM41は彼らのMySpaceのページで、アヴリルとデリックの離婚報道を否定。2人の間には何の問題もないと主張していた。だが翌年9月には、同じくMySpaceにてデリックが離婚を発表している。ちなみにアヴリルは現在、タレントのブロディ・ジェンナー(キム・カーダシアンの義兄弟)と交際中だ。

渦中のウィルとジェイダも、「こういった(別居・離婚)報道にはあまり答えたくありませんが、私たちにまつわるウワサは誤りです。私たちは今も一緒にいますし、結婚生活にも傷がついていません」と声明を発表。こちらに限っては、誤報の可能性が高い...かも?

仲良く出かけるウィルとジェイダ(ニュース映像)

---
■関連記事
エヴァ・ロンゴリア、夫の浮気は想定外だった!?
ジャック・ホワイト&カレン・エルソン、離婚パーティーを開催!?


■関連フォトギャラリー

10 PHOTOS
マドンナ、フィットネスジムHard Candyをオープン!
See Gallery
火のないところに煙は立たない? 離婚報道が現実となったセレブ
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む