ガガの代わりにボーイフレンドがMTV授賞式に登場...その正体は!?

奇抜なファッションセンスで知られているレディ・ガガが、8月28日に行われた<MTVビデオ・ミュージック・アワード>では、またまた周囲を唖然とさせる姿で登場した。

ガガの謎の分身として知られ、新曲「ユー・アンド・アイ」のPVにも登場した男性'ジョー・カルドロン'としての姿での登場だ。ニュージャージー生まれ、シシリーのパラモ出身の両親を持つ、自称'至って普通の男'である。

ガガとは異なり、スポットライトを浴びることがあまり好きではないらしく、「なぜガガの代役で登場したのか?」という質問にFワード連発のぶっきらぼうな言葉で応答するカルドロン。「ガガは今夜、俺にくそムカついてこう言ってきやがったんだ。'ファッキュー! 本当に私のこと愛してるんなら、私の代わりに行ってスポットライトを浴びてきなさいよ! 'ってね。だから俺はそうしたんだよ」

しかし、そんな彼も大好きなブリトニー・スピアーズの話になると、突如スイッチが入ってしまったようだ。ブリトニーが会場で、『マイケル・ジャクソン・ビデオ・ヴァンガード賞』を受賞した際に、プレゼンターを務めることになったカルドロンは、興奮した様子で「俺ずっとファンだったんだ。チャンスがあればブリトニーどうにかなっちゃいたいよ! 」とコメント。さらにエスカレートし、「ガガは確かに俺の女だけど、ブリトニーは超ホットだぜ! 野郎どもはガキの頃、ブリトニーでオナニーしてたんだろ? 」とお下劣発言も飛び出し、さらには彼女にキスを求める行為まで...。

というわけで、同会場には現れなかった(本来の姿では)レディ・ガガだが、今年の<MTVビデオ・ミュージック・アワード>では『最優秀女性アーティスト・ビデオ賞』を含む三冠を獲得した。
続きを読む