シェール、性同一障害の息子を守る

シェールは、性同一障害の息子であるチャズが、ダンス番組「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」へ出演することに対して、世間からの攻撃の的になっている事実を受け、ツイッターなどを通じて母として徹底応戦する姿勢を示した。



元夫のソニー・ボノとの間に生まれた'娘'であったチャシティは、39歳のときに男性への性転換手術を行った。今週のはじめに、ダンス番組「Dancing With the Stars」の新シーズンのラインアップに加わり、女性ダンサーとのペアリングが発表されると、ジェンダー問題や性転換手術を認めない人々から、テレビ局へ激しい抗議が殺到したのだ。

これを受けて母シェールは息子を守るため、ツイッターを通じてファンに「親愛なる皆様へ、チャズはこの番組のことで、掲示板やブログで本当に酷い中傷を受けています。ここは本当にまだアメリカなの?あの番組への出演だって本物の勇気ガなければできないことよ!」と訴えた。さらに「彼がどんな道を選ぼうとも、私はあの子を応援するわ!まったく、この世の中から誹謗中傷がなくなることはないのかしら。世の中の母親達、貴方達の子供に酷い行いをする連中への怒りを消して捨てないで! 」とツイートした。


ネタ元

http://blog.music.aol.com/2011/09/01/cher-defends-chaz-bono-dancing-with-the-stars/
続きを読む