ブリトニー・スピアーズ、セレブじゃなかったら今頃は学校の先生に...!?

ポップ界はもとより、セレブ・シーンでも常に注目を集めている人気者のブリトニー・スピアーズ。そんな彼女が、もしショービズの世界に入っていなかったら、全く違う人生を歩んでいたかもしれない。

1998年、シングル「...Baby One More Time」で鮮烈なデビューを果たし、16歳にしてポップ界のクイーンとなったブリトニー。しかし、もしこのとき別の道を歩んでいたら、今頃どうしてた?

「たぶん先生になってたと思う」と、<Pop Justice>のインタビューで告白したブリトニー。「子どもが大好きだし。それに今だって、1日のうちで一番好きなイベントといったら、ショーの前にファンたちと会うことなの。特に小さな子たちとね。とってもかわいいんだもの」

ブリトニーの輝かしい歴史(映像ニュース)

そんなブリちゃん、もし勉強を続けていたら歴史を専攻したかったそうで、好きな時代は1920年代だとか。

とはいえ2004年には「ポップ・スターの特権は?」との質問に、「海の向こうのいろんな場所に行けることかな。カナダとか」(注:カナダはアメリカと陸続きです!)と答えて世間をズッコケさせるなど、これまで数々の"おバカ発言"を歴史に刻んできたことも事実。まずは中退した高校に入り直すところから始めましょうか...。

---
■関連記事
ブリトニー・スピアーズ 最新ビデオ「アイ・ワナ・ゴー」でパパラッチを攻撃!? 完売必至?

■関連フォトギャラリー

17 PHOTOS
アメリカ人気子供番組「Yo Gabba Gabba」イベントにセレブファミリーが参加!
See Gallery
ブリトニー・スピアーズ、セレブじゃなかったら今頃は学校の先生に...!?
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む