グリーンディのビリー・ジョー、ズボン下げ過ぎを理由に搭乗拒否!

9月1日、グリーンディのビリー・ジョー・アームストロングは、ズボンを下げ過ぎて履いていたため、サウスウェスト航空に搭乗拒否をされてしまった。

「さっき、サウスウェスト航空から追い出されたところだよ。ズボンを下げすぎだって理由でな。なんなんだよ! 冗談じゃねーよ!! 」その珍事件の直後、ビリーは怒りのツイートをしている。

オークランドからカリフォルニアのバーバンクへ向かう途中、1人のフライトアテンダントが、ビリーにズボンを上げるように注意した。たまたまその場に居合わせたテレビプロデューサー、シンディ・キューの証言によると、注意を受けたビリーはそれを快諾することはなく、「あんたら、もっと他に心配すべきことがあるだろうよ」と反撃。その結果、搭乗員に'厄介払い'をされてしまったとのこと。

しかしこの事態を把握した責任者は、すぐにビリーの元へ行って謝罪。ビリーは次のフライトでようやく搭乗することができたという。

怒りっぽくタフなパンク・ロッカーをまさかこのような理由で飛行機から追い出すとは、サウスウェスト航空のフライトアテンダント、恐るべし...。しかし調べてみると、以前にもルーズな服装や太り過ぎで搭乗拒否をされてしまった有名人の例は、わりと存在するようだ。
続きを読む