ナス、9・11事件のトリビュート・ビデオをオンエア

今年であの9・11事件から10年という月日が経つ。あの日の出来事が悲劇であったことには変わりないが、アメリカの国としての結束力をとても強いものにしたきっかけになったともいえるだろう。

この9・11事件のトリビュート・ムーブメントの一環として行なわれる「I will」と題された新しいキャンペーンの中で、ラッパーのNas(ナス)は、GユニットとサインをかわしたDJポーリーDや、レディ・ガガらのセレブリティたちに、あの運命の日に怒った出来事を忘れないために何かしようと呼びかけた。

そしてできあがった、米大手メディア企業であるバイアコム社による公共広告(PSA)のビデオ、その中にセレブリティたちが登場し、何度も同じ質問を繰り返す。「あなたは何をしますか?」

「あの事件が起こったとき、誰も心の準備なんかしてなかった」NYクイーズ出身のナスは、バイアコム社が提供する全チャンネルでオンエアされるその30秒の動画の中で「俺はあの事件で失った人たちのことを、これからも忘れない」と話す。そして、実際に9・11事件を目撃したというレディ・ガガも自身の体験談を語る。そしてこの事件を風化させないために「あなたは何をしますか?」と映像の中で何度も問う、という内容である。

状況は違えど、今年震災による大きな被害を受けた日本にとって、これは遠い国のニュースではないはず。あの悲劇を忘れないため、未来に繋ぐための'何か'が必要なのである。

「I will」ビデオ(PSA)
続きを読む