スヌープ、娘の歌手デビューについて語る

8月に、12歳になる娘コリが歌手デビューしたことについて、スヌープ・ドッグが、<The Boombox>に現在の心境を語った。

父の後を追って音楽業界に足を踏み入れることを決意したコリは、父のアドバイスに従い、「ボスレディ」こと、母シャンテのレーベル「Boss Lady Entertainment」より、デビューシングル「Do My Thang」をリリースしている。

「俺はあの子を誇りに思っている。俺からすれば、コリは嫁のシャンテとそっくりなんだよ。ミニ・シャンテってとこだな」と、スヌープ。「娘がやりたいことである音楽をやってる姿を見るのは、すごく素晴らしいことだよ。俺もそれに対してエナジーを注ぎ込むことができるしね。」と父としてアーティストとして娘と関われる喜びを語りながら、「俺はずっと自分が無条件で付き合うことができて、不正なことをしない誰かと、音楽の才能をシェアしたかったんだけど、彼女にはそれが惜しみなくなく与えられる。彼女がいいときも、悪いときも俺は彼女にはっきり言うんだけど、彼女もそれが全て、心からのもの言葉だってわかってるから受け入れてくれるんだ」と述べた。

裏切ったり裏切られたりの多いショー・ビジネスで20年間も生きてきたスヌープ。数々の逮捕劇や奥さんとの離婚騒動など多くの危機を乗り越えて、今は家族のために情熱を注ぎこむことができる喜びを噛締めているようだ。メディアで「かつてはアメリカで最も危険な男が、今では面白いオジサンに」と評されてもなんのその!?

コリは先日、情報番組<E ! reality show>の「"Snoop Dogg's Father Hood"」コーナーに、父スヌープと母シャンテ、そして彼女の兄弟と共に出演し、ショートライブを行っている。
続きを読む