ファレルとタイラー、ウォルマート・ファッションへの愛を語る

先週行なわれたイベント「ファッション・ナイト・アウト」で、オッド・フューチャーのタイラーとネプチューンズのファレルにMTV2がインタビューを試みた。

インタビューが行なわれた場所は、ファレルのファッション・ショップ、ビリオネア・ボーイズ・クラブ。そこで2人のスケーター/ラッパーは、ファッションやウォルマート(大衆的巨大デパート)、盗み、電動スクーターについて話した。

ファレルは実は、オッド・フューチャーの一員になるべく契約をするつもりだったらしいが、ワケあってそれはかなわなかったらしい。

「最後の最後で乗り遅れた。相当ムカついたよ。でも奴らのマネジャーの方針としてはさ、若いやつらが自分たちでやりたいことをやっていくってことだから、まあ最終的には良かったんじゃないかな。それはオレ自身もいつも言ってることだし、あのマネジャーもそれについては結構ちゃんと考えているみたいだった。もうオレはあまり関係なくなっちゃったけど、正直何ができるか楽しみではあったよね」と話した。

ところが、ファレルがタイラーに「1年前って、オマエ何やってた?」と尋ねたところから、会話は妙な方向に。20歳のタイラーは「超貧乏。ものを盗んで、質屋とかに売り飛ばして暮らしてたよ。前ほどじゃないけど、やめられなくて今でもやってるんだ」と衝撃的な告白をした。

年長で業界の先輩のファレルは、そんなタイラーにやや疑問の残るアドバイスを送っている。

「これからアメリカ・ツアーに出るとする。ウォルマートがそこら中にあるだろ? どうするか教えてやるよ。俺たちが昔、何をやってたかって言うとさ、あの老人とかが乗ってる電動スクーターで店中走りまくって何でも懐に入れちまうんだ。棚をぶっ倒したりはしなかったけど、まあお前らはやるだろうな。まあとにかくあの店って"Dickies"とか"Carhart"とか、メチャクチャいい品揃えしてるからね」

タイラーはこれに対し、「けっこういいT-シャツあるよね」と返していた。

ファレルがプロデュースしたプッシャTの新作『フィア・オブ・ゴッドⅡ/レット・アス・プレイ』からのシングル「トラブル・オン・マイ・マインド」では、タイラーがフィーチャリングで参加している。一方、タイラーのアルバムも発売中だ。

タイラー 「She」(ミュージック・ビデオ)
続きを読む