50セント、著作権問題に勝訴

主演映画『Before I Self Destruct』に登場する台詞が盗作であるとして訴えられていた50セント、本名カーティス・ジャクソン3世が裁判で勝訴した。

50セントを訴えていたのは、シャドラッチ・ウィンステッドという作家で、彼の2008年著書『The Preachers Son- But The Streets Turned Me Into a Gangster』の台詞が、無断で使用されていたという理由による訴訟であった。しかし50セントの弁護士らが検証したところ、同書物にある台詞のほとんどは映画の中で使用されていないし、似ているように聞こえる箇所も短いスラングや言い回しが多く、それらはストリートで日常使われる言葉なので、似ていても仕方が無いものだとしてこの訴えを退け、ニュージャージー州の法廷もこれを無実としたのである。

この騒ぎの最中も50セントは、11月にリリース予定のニュー・アルバムに向けて大忙し、おまけに3作目の著作の準備にも取りかかっているというから法廷争いどころではなかっただろう。しかしこれで晴れて無実は証明されたのである。新しい本での言葉も当然、本人のものになるだろう。
続きを読む