ブラッド・ピット、「養子に迎えなければ、ザハラはきっと死んでいた」

長年のパートナー、アンジェリーナ・ジョリーと共に、養子3人、実子3人の6人の子供たちを育てているブラッド・ピット。そんな彼が、養子の1人、ザハラ・マーリーちゃんを引き取る経緯について語った。

ゴシップ・サイト<Hollybaby>によると、ブラッドは『Parade』誌とのインタビューで、アンジェリーナが2005年にエチオピアの首都アディスアベバでザハラちゃんを養子にしたときの状況を告白。養子に迎えることだけが、ザハラちゃんを死から救える方法だったと話していた。

『Parade』誌はまた、ブラッドに対し、なぜアンジェリーナは安心できる家を必要としているアメリカの子供たちを養子にしなかったのかとも質問を投げかけた。彼はこれに対し、「僕は自分たちがアメリカで体験するよりも、さらに過酷な状況に苦しむ子供たちを見てきたんだ。ザハラみたいにね。(もしザハラちゃんが養子に迎えられなければ)彼女は命を落としていたと思う。僕はザハラが(現地で)これといったケアを受けることができないとわかっていたんだ。今では、彼女なしの人生なんて考えられないよ」

生後6か月で、アンジェリーナの養子となったザハラ。彼女の実の両親はエイズ(後天性免疫不全症候群)で亡くなっている。アンジェリーナと映画『Mr. & Mrs. スミス』で共演したブラッドも、その後ザハラを自分の養子として手続きを行なった。

子供たちを映画鑑賞に連れていくブラッド&アンジェリーナ

---
■関連記事
<第64回カンヌ国際映画祭>ブラッド・ピット、映画を通じ子供たちへの思いを語る

■関連フォトギャラリー

6 PHOTOS
ブラピ&アンジー16世紀に建てられた豪邸にお引越し
See Gallery
ブラッド・ピット、「養子に迎えなければ、ザハラはきっと死んでいた」

Angelina Jolie and children are seen at their rented country estate Carnell Estate on August 18, 2011 in Glasgow, Scotland.

Angelina Jolie and children are seen at their rented country estate Carnell Estate on August 18, 2011 in Glasgow, Scotland.

Angelina Jolie and children are seen at their rented country estate Carnell Estate on August 18, 2011 in Glasgow, Scotland.

Angelina Jolie and children are seen at their rented country estate Carnell Estate on August 18, 2011 in Glasgow, Scotland.

KILMARNOCK, SCOTLAND - AUGUST 19:  Angelina Jolie and children walk in the gardens of Cranell Estate on August 19, 2010 in Kilmarnock, Scotland. The actress is visiting the country while her husband and actor Brad Pitt films the post apocalyptic zombie film 'World War Z' in Glasgow.

General view of Carnell Estate where Angelina Jolie and Brad Pitt are staying while he films 'World War Z in Glasgow on August 18, 2011 in Glasgow, Scotland.

HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む