コートニー・ラヴ、故カート・コバーンや男性関係を綴った告白本を発表

ニルヴァーナが1991年にリリースした名盤『ネヴァーマインド』のリリースからちょうど20周年の今年、トラブルメーカーなグランジ・セレブで、カート・コバーンの未亡人のコートニー・ラヴが告白本を発売することを明らかにした。

この告白本のタイトルは未定だが、2012年の秋に発売を予定しているという。また、今回の出版を決意したのは、亡き夫カートとのことや、自身についてまわる"ドラッグ癖の母親"というイメージといった、「数々の誤解を正すため」だとか。

一方、今回発表されたプレス・リリースでは、「コバーンとの結婚生活、ドラッグ中毒と更生、そして愛娘フランシス・ビーンとのことなど、初めて真実を口にする。ハリウッド・セレブとしての生活、そして今や有名な、スマッシング・パンプキンズのフロントマンのビリー・コーガンや、俳優のエドワード・ノートンとの関係についても赤裸々に明かす」と説明されている。

この本、かなり猥雑で少し悲しくもあり、そして多くの読者から「そこまでいわなくていいよ!」と突っ込まれることは間違いないだろう。
続きを読む