ノエル・ギャラガー、レディー・ガガは「マドンナの劣化版」

「ガガなんてクソくだらねえ」。毒舌家ノエル・ギャラガーの最新の餌食は、レディー・ガガだ。

<Q Magazine>のインタビューで「結局あの肉ドレスだとかの話題性だけじゃねえか。有名は有名だけどさ、音楽はどうなんだよ?」と吐き捨てたノエル。


最近、オレの娘が彼女のアルバムを家でよくかけてるんだけど、ありゃライト版マドンナでしかないね。マドンナはハードコアだったし、音楽だけでなく、それ以外もとんがってたよ。それに比べりゃガガなんて、マドンナの"薄い"バージョンだ」と散々。


20年後にガガを誰が聴くってんだ? 彼女は世界中のはみ出し者どもを代表して戦ってるつもりらしいけど、それよりも、そいつらのためにもっとマシな音楽を提供してやった方がいいんじゃねえの?」と続け、音楽シーンとロックンロール全体の問題にまで話が及んだ。


この先誰が、若い世代にロックンロールを伝えていけるっていうんだ? 最近のバンドの問題はさ、まあ半分くらいの連中の音楽はまあまあかもしれない、でもインタビュー読んでみると『つまんねえ奴らだな、こいつら』って思っちゃうところだよな」と、苦言を呈した。


どうやら毒を吐くことも、ロックンローラーであるためには必要らしい。その点ノエルは完璧だ。この男が銃を持ってなかったことに、ガガは感謝すべきかも。
続きを読む