アデル、『21』のモデルになった元彼について語る

メガセールスを記録したアルバム『21』を引っさげて、世界中をツアーで回ってきたアデルが、同アルバムのモデルとなった'ひどい'元彼をついに許すことができたと告白した。

「私たちはまた友達に戻ることができたわ。私は大丈夫だし、自分のことはよくわかっているつもり。私の中では十分な時が流れたのよ。今はこのアルバムとともに世界中を旅してきて、彼との思い出をシェアできたってことがとても大事なことよ。だって素晴らしいことだもの。彼は私の人生を変えてくれた、それは否定できないわ」とアデルは、ロンドンで行なったコンサートの間にこう語った。

アルバム『21』は、アメリカとイギリスで年間売り上げトップを記録、1000万部の売り上げを記録したといわれている。しかしこの元彼はあろうことか、自分との失恋がアデルのアルバムの曲に影響を与え、売り上げに貢献したと主張し、印税を払えとせびってきたクセ者だ。

「ひどい失恋をした時、相手が自分の運命の人だと思い込んでいた場合は特にだけど、その痛みを肥やしに凄い記録を生み出すことができるひともいるってことよ。多くのひとはただ悲しみにくれるだけだけどね。このアルバムのおかげで私は彼を許すことができたし、彼にも自分自身を許せるようになってほしい」

...なんと大人なコメントなのだろう。しかし彼女のコメントを受けて熱烈なアデル・ファンが、この問題アリの元彼を許すことができるのかは疑問である。
続きを読む