フレーミング・リップス、新作は1曲24時間、頭蓋骨入り

とっくに誰もが知っていることだと思うが、フレーミング・リップスはとても"ヘン"なバンドだ。そんな彼らがこれまた "ヘン" な新作を出すらしい。

特に作品のパッケージングに関しては妙に凝っていて、これまでも骸骨型のグミや胎児型のグミといった、へんてこなパッケージで音源を販売してきた彼ら。次はなんだろうかと期待するのも当然というものだが、今回も度肝を抜く代物のようである。なんと本物の人の頭蓋骨をパッケージ化してしまったのだ。嘘でも冗談でもない、リアル頭骨だ。

おまけにこの作品、1曲24時間という途方も無い長さの楽曲が収録される。そしてこれを記録したハード・ドライブごと頭骨の中に収めて販売するんだとか。普通だったら曲の長さだけでも十分話題になりそうなものなのに、頭蓋骨ジャケットとは......どこまでぶっ飛んでいるのだろう。

フロントマンのウェイン・コインによれば「違法ではないし奇をてらっただけでもないよ。地元にずっと昔から "Skulls Unlimited" って店があって、そこでは頭蓋骨が売ってんだ」らしい。
肝心の中身はというと「死、ファックすること、そして人生についての曲だ」とのこと。斬新でまったく想像ができない新作の登場だ。
続きを読む