ジャスティン・ティンバーレイク、新作映画に主演決定!音楽活動にはいつ復帰? 

ここのところ映画出演などの俳優活動ばかりで、ファンから音楽活動への復帰を切望されていたジャスティン・ティンバーレイク。つい先日レストランでゲリラライブを行い「いよいよ復帰してポップ・スター面目躍如か!?」と思わせる様な言動が目立っていた彼に、また新作映画への主演が決定したようだ。

この新作は『Spinnning Gold』というタイトルで、キッスやビレッジ・ピープル、ドナ・サマーなどを世に送り出したカサブランカ・レコードの創設者ニール・ボガートの伝記映画で、82年に癌によって39歳で亡くなるまでの濃密な彼の人生を描いた作品。ジャンスティンは主演、プロデューサーのダブルクレジットだということらしく、かなり気合いが入っている様子だという。

しかし、以前ファンに向けて「オレはずっとミュージシャンでありたいと思っている」「一応言っておくけど本気で俳優になろうなんて思ってるわけじゃないぜ」と語ったあの言葉の数々は嘘だったのだろうか...と思わざるを得ない。

いずれにせよ本格的な音楽活動再開が、また遠のいたことは間違いない。ミュージシャンとしての彼の活躍に期待を寄せていただけに、今回はがっくりと肩を落としたファンも多いのではないだろうか。
続きを読む