アヴリル・ファンの男性、チケットのことで母親と口論の末殺害

アヴリル・ラヴィーンのファンの男性、ロバート・リヨンズ(39歳)が、アヴリルのライブチケットのことで母親と口論になった末、惨殺するという痛ましい事件が起こった。

友人にチケットを予約してもらうため、母親に電話するよう求めたところ拒否されたことに腹を立てたこの男性、母親をコニャックの瓶で2回殴打したあとナイフで実に9回も背中を刺したという。ナイフが1本は折れ、もう一本は曲がってしまうほど力を込めていたらしい。殺害後、腐食性の強力酸性洗剤を何本も母親の遺体にかけた後に現場から逃げたが、地元のフーターズ(チェーン・レストラン)で見つかり、間もなく逮捕となった。

弁護側は、彼が長く患ってきた精神疾患により自己防衛を過剰に働いてしまった結果であるとして申し立てしているが、もし有罪の判決下った場合、20年の懲役から終身刑が言い渡されるとのことだ。
続きを読む