オーマイ・ガガ! トニー・ベネット、ガガ様のヌードを目撃! 

先日、デュエットアルバムをリリースしたばかりの伝説的シンガー、トニー・ベネット。レディ・ガガをゲストにまねいて1曲レコーディングしたことも話題になっているのだが、実はそのレコーディング中、ベネットがちょっとした事故で、ガガのヌードを目撃してしまったという裏話も浮上しているのだ。

しかもそのデュエット曲が、ブロードウェイ・クラシックの「その淑女ふしだらにつき」というのだから、なんだか話しが出来過ぎな気もしなくもない。とにもかくにもトニー・ベネットは、ガガの音楽の才能だけでなく"素の状態"にまで肉薄してしまったというわけだ。

この珍事件ついてガガがテレビ番組で明かした話によると、その事件は、急遽レコーディング中に、<Vanity Fair>誌の表紙のフォト・シュートを行うことになり、撮影隊が現場を訪れてのスタジオ撮影を行っていたときのことだそうだ。

撮影する凄腕カメラマンのアニー・リーボウィッツのリクエストにより、ローブを脱ぎ捨てたガガ。しかしその瞬間、ベネットが偶然にもその部屋に入ってきてしまい口をアングリ。素っ裸のシンギング・パートナーを目撃して恥ずかしさのあまり赤くなって部屋を飛び出していったのだとか。

不慮の出来事とはいえ、御歳85歳のトニー・ベネットには、少々刺激が強すぎたのだろうか。

続きを読む