ナイトメア、スリラー、ゴーストバスターズ...ハロウィンのベスト・ソング

1年で最も"怖い"祝日といえば、ハロウィン。AOL Radioが選ぶ、スタイリッシュかつハロウィンにふわさしい楽曲をどうぞ!


10.「Welcome to My Nightmare」

アリス・クーパー


"スティーヴン"という架空の男の子の悪夢(Nightmare)をテーマにした楽曲を集めた同名アルバムの、1曲目に収められているのがこのナンバー。ディスコ・サウンドが特徴の同曲は、クーパーと彼の盟友ディック・ワグナーが共同で手掛けている。

HMVで購入する

view Youtube

9.「(Don't Fear) The Reaper」

ブルー・オイスター・カルト


ハロウィン・ソングとしておなじみのこのナンバー。オープニングのリフはバンドのギタリスト、ドナルド"バック・ダーマー"ローザーによるものだ。また、タイトルの直訳は「死(を恐れないで)」だが、ローザーいわく、この曲は"愛"をテーマにしているのだとか。

HMVで購入する

view Youtube

8. 「Cry Little Sister」

ジェラルド・マクマン


1987年のホラー・アクション映画「ロストボーイ」のテーマ曲でもある「Cry Little Sister」。ジェラルド・マクマホン(のちにマクマンと改名)が歌っているが、その後シアトル出身のバンド、アイデンによってカバーされ、こちらは続編「ロストボーイ:ニューブラッド」(2008年)のサントラにも収められている。

HMVで購入する

view Youtube

7. 「Ghostbusters」

レイ・パーカー・ジュニア


大ヒット映画「ゴーストバスターズ」の主題歌として、あまりにも有名なこの曲。パーカー・ジュニアはわずか2日間で曲を書き上げたそうで、全米チャートでも3週連続の首位を獲得する健闘ぶりを見せた。

HMVで購入する

view Youtube

6. 「Monster Mash」

ボビー・(ボリス)・ピケット


ピケットが、ホラー映画の常連で「フランケンシュタイン俳優」として知られたボリス・カーロフの声を真似て歌った「Monster Mash」。1962年10月20日付の米ビルボード・シングル・チャートでは、見事1位に輝いている。

view Youtube

5. 「Dragula」

ロブ・ゾンビ


TVで放映されたホラー・コメディー・シリーズ「The Munsters」の登場人物"Drag-u-la(ドラギュラ)"をテーマにしたこの曲。1998年の米ビルボード・メインストリーム・ロック・チャートでは、最高6位をマークした。

HMVで購入する

view Youtube

4. 「Time Warp」

リチャード・オブライエン


1975年のホラー・ミュージカル映画「ロッキー・ホラー・ショー」でも起用されたダンス・ナンバー「Time Warp」。この曲はまた、スキッド・ロウのセバスチャン・バックら多くのアーティストにカバーされたほか、人気ドラマ「glee」のエピソード「ロッキー・ホラー・グリー・ショー」でも歌われた。

HMVで購入する

view Youtube

3. 「Grim Grinning Ghosts (The Screaming Song)」

バディ・ベイカー&グザビエ・アテンシオ


この曲に聴き覚えがある人も多いのでは? そう、それはこの「Grim Grinning Ghosts (The Screaming Song)」が、ディズニーのテーマパークの人気アトラクション、ホーンテッド・マンションのテーマ曲だから!

HMVで購入する

view Youtube

2. 「Thriller」

マイケル・ジャクソン


大御所クインシー・ジョーンズがプロデュースした「Thriller」。全米チャートで最高4位を記録したほか、14分にも及ぶミュージック・ビデオも注目を集め、名実ともにマイケル・ジャクソンの代表曲となった。

HMVで購入する

view Youtube

1. 「This Is Halloween」

ダニー・エルフマン


ティム・バートン監督のミュージカル・アニメ映画「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(1993年)の楽曲「This Is Halloween」。これはバートン作品の常連、ダニー・エルフマンが作詞作曲を手がけたもので、2006年にはマリリン・マンソンによるカバー・バージョンも登場した。

HMVで購入する

view Youtube
続きを読む