スティーヴン・タイラー、自伝映画をリリース!?

エアロスミスのヴォーカルであるスティーヴン・タイラーの自伝映画がリリースされるかもしれない。

良いロックンロールの映画は、いくつかの外せないファクターを含んでいないといけない。セックス、ドラッグ、お金、バンドメイトとの確執、とんでもない成功、でまたドラッグに溺れて、失意転落、...からのカムバック、そして最後には贖罪...といったところだ。こういったの観点から見ても、スティーヴンの伝記映画は申し分ないものになるはずだ。

<Women's Wear Daily>のインタビューでスティーヴンは、ロン・ハワード監督が今年始めに、スティーヴンの自伝本「Does the Noise in My Head Bother You」の権利を獲得したことを明らかにした。


この自伝本に関して、スティーヴンは<MMD>にこう語っている。「俺が40年間考えてきたことをまとめたもんなんだ。これまで'エアロスミス'に起こったこと、経験した全ての出来事は、俺にとって夢みたいなものだった。それはまるで、設計して計画を練ってあらかじめシナリオに描かれていたものだったように実現していってさ。だから俺は何か起こるたびに、'これは映画なんじゃないか? 'って思ってしまうんだ」


まだ伝記映画の製作に関する日程は明らかにされていないが、スティーヴンいわく「あっという間にできちまうか、俺の人生が終わっちまうまでかかるかどちらかだろうな」とのこと。


さておき頭をかすめるのは、主役であるスティーヴン・タイラー役を誰が務めるか...。やっぱり彼にそっくりな顔を持ったウィレム・デフォーなのだろうか?
続きを読む