セレーナ・ゴメス、46歳の男から殺害予告を受ける

セレーナ・ゴメスが、再び脅迫を受けている。しかし今回の脅迫はかなり深刻なようだ。

ジャスティン・ビーバーのガールフレンドとして知られる彼女は、これまでにもビーバーの熱烈なファンからの嫌がらせや、死の脅迫を含む、脅しを度々受けてきた。それは女性ファンからの嫉妬に満ちたものであったわけだが、今回脅迫を受けているのは、なんと46歳の男からである。そして警察はこれをとても慎重に受け止めているという。


ロサンゼルス市警察は、現在この問題を調査中ではあるが、セレーナを脅迫しているこの男、トーマス・ブロドニッキに対して、接近禁止の命令を出している。彼はこれまでに少なくとも3回は、セレーナを追っかけてシカゴからロサンゼルスに行き、彼女の職場に出向いているという。


先月、ブロドニッキは「お前らの目を引きづり出してやる」と路上で騒いでいたところを保護され、メンタルに問題があると診断を受けて病院にかかっていた。もともと精神病の既往歴がある彼は、現在もケアと受けているが、こともあろうか今度は、精神科の担当医に「神との対話が終わったら、セレーナを殺す」と殺害を予告していたというのだ。

ボーイフレンドのファンからの嫌がらせには慣れてきたセレーナも、今度ばかりは深刻に身の危険を感じているようだ。
続きを読む