マドンナの兄が告白、「俺は1年以上もホームレスしている」

来春に12枚目のアルバムをリリースし、大々的にワールドツアーを行う予定の女王マドンナ。だが一方で、その兄アントニー・チコーネは、ミシガンのトラヴァースという街で、現在もホームレス状態なのだということが明らかになった。

<Michigan Messenger>のインタビューによると彼は以前、父親のワイナリーで働いていたがしばらく前に職を失い、現在はビンや缶を回収しながら路上で生活しているというのだ。既に1年以上にも渡ってホームレス生活を続けており、地域の教会での炊き出しで食いつないできたアントニー、酷い霜焼けで足の指を全て失っしまったのだという。

「一番つらい時に、僕の家族は少しも助けようとはしてくれなかった。"妹はポップスターで億万長者なのに、なんでその兄はホームレスなんだ?"なんて質問、何万回も聞かれてもう答え飽きたよ。こういうことはさ、誰にだって起こりうるんだ。誰にだってね」と話すアントニー、55歳。


理不尽過ぎて何だかドラマのようだが、現実のことである。
続きを読む