ルーファス・ウェインライントとショーン・レノン、マドンナの曲でデモ参加

ルーファス・ウェインライントとショーン・レノンが、現在行われているウォール街デモでマドンナ『マテリアル・カバー』をカバーした。2人の登場もさることながら、そのユーモラスな選曲が話題になっている。

レノンのガールフレンドのシャルロット・ケンプ・ミュール、バンジョーやアコーディオンを携えたデモのメンバーらを引き連れ、「私たちはマテリアルな世界に生きている、そしてわたしはマテリアル・ガール」と合唱、最後に「この演奏をベン・バーナンキに捧げる」とアナウンスすると観衆は大興奮!もっと直接的なメッセージ性のある選曲もあったかもしれないが、デモ参加者はこのセレクションに大喜びだったようだ。

デモ集会には現在まで数々のミュージシャンが顔を出しており、中にはレディオヘッドのように演奏するかもと噂されていながら結局顔を見せなかったものいるが、ニューチュラル・ミルク・ホテルのジェフ・マンガムなどが熱のこもった演奏を行ったほか、カニエ・ウェストはパフォーマンスを行うことはしなかったが、デモ行進に参加した模様だ。今後もまだまだデモの熱は冷めないようである。


ルーファス・ウェインライントとショーン・レノンのデモ行進の様子(動画)
続きを読む