ジャネット・ジャクソン、マイケルの裁判のためツアー延期

現在ツアー中のジャネット・ジャクソンが、兄の故マイケルへの過失致死の疑いがかけられているコンラッド・マーレー医師との裁判のために、オーストラリアの残りのツアー日程をずらすことにしたようだ。

AP通信によると、ジャネットは今月26日、27日、29日のメルボルン公演をキャンセルし、家族とともに裁判所に立つことを決定したようだ。「私がこれらのツアーの計画を立てた時は、カリフォルニアでの裁判スケジュールは全く違うものだったの。昨晩家族と話し合って、私は今こそ家族がひとつになるべき時なんだって決心したの」と、かつて「トゥゲザー・アゲイン(=再びひとつになろう)」を歌った歌手ジャネットは語る。

ジャネットは今回キャンセルしたツアーの埋め合わせをするため、11月3日にロッドラバー・アリーナで公演を行う予定だ。


イギリスで行われたマイケルのトリビュート・コンサートの時も、他のジャクソン兄弟は裁判中であることを理由に出演を断っている。今回の一件も含め、現在報道の多くが裁判の内容ばかりを伝えている中、ジャクソン・ファミリーの絆と結束力は、非常に強固なものなのだと改めて感じさせられる。
続きを読む