リンジー・ローハン、『Playboy』誌のヌード撮影に未成年の妹を同伴

リンジー・ローハンが最近、成人向け雑誌『Playboy』でのヌード撮影を行なったと報じられている。このほどその一部詳細が明らかになった。

『Playboy』誌に近い情報筋によると、リンジーは同誌で"胸やお尻、そしてかなりキワドイ部分"も見せているという。彼女は撮影現場となったハリウッドにあるプレイボーイ・マンションに、17歳の妹でモデルのアリや母親のディナさんも連れて来ていたとか。『Playboy』誌はリンジーが同誌のためにヌードになったことを明言していないが、母親のディナさんは「写真撮影はうまくいったわ」と話している。

ちなみに<huffingtonpost.com>では、「リンジーが未成年の妹アリをヌード撮影現場に連れていったのはOKかNOか」という読者投票を実施していて、現時点では4割が「OK、アリは姉をサポートしている」と肯定的、そして残り6割が「NO、アリはまだ17歳だから、今回の行動はふさわしくない」と答えている。

実のところ、リンジーがヌードになるのは今回が初めてではない。彼女は『New York』誌でマリリン・モンローの有名なヌード写真を再現しているし、映画『マチェーテ』でもトップレス姿で登場している。そして当時14歳だった妹のアリも撮影現場にいたのだとか。

『Playboy』誌でヌードになることがわかったリンジー・ローハン


---
■関連記事
現在自宅軟禁中のリンジー・ローハン、短編映画で自分を演じる!?

■関連フォトギャラリー

8 PHOTOS
43歳になってもセクシー!パメラ・アンダーソン
See Gallery
リンジー・ローハン、『Playboy』誌のヌード撮影に未成年の妹を同伴
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む