アデル、声帯出血のため手術を受けることを発表! 年内休養へ

繰り返す声帯出血を理由に、全米ツアーをキャンセルしていたアデルが、とうとう手術を受けることを決意した。

10月初めにアデルは、ツアーをキャンセルしたことに対して、ファンに向けてメッセージを書いている。

「今この問題を克服しないと私は完全に駄目になってしまうわ。歌うことはまさしく私の人生で、同時に私の趣味でもあり、私の愛でも、私の自由でもあるし、今では仕事になっているの。選択の余地はないのよ。今完璧に回復させるか、さもなければ一生のダメージを声に与えるリスクを取るかのどちらかなんだから」

そしてこの言葉の通り、しばらくの間歌わずに療養をしていたアデルだが、それでも声帯の回復に至らなかったため、今回手術を受けることを選択せざるを得なくなったのである。さらにこの手術によって、年内は活動を休止する必要があるとのことだ。

ツアーを楽しみにしていたファンは残念であろうが、もう2度とアデルの歌声が聴けなくなるよりはずっといいはずだ。とりあえずは11月末にリリースされるアデル初のライブDVD『Live At The Royal Albert Hall』を見ながら、彼女の声が完璧に回復することことを願おう。
続きを読む