ベティ・ライトがザ・ルーツ、スヌープ・ドッグ、リル・ウェインらとタッグ!

ベテラン・ソウル歌手ベティ・ライトが、10年振りの新作アルバムを11月15日にリリースする。御年57歳になるベティだが、このアルバムでタッグを組んだアーティストのラインナップは、実に新鮮でユニークなものだ。

ニュー・スクールなザ・ルーツのドラマー、アミール"クエストラブ"トンプソンを共同プロデューサーに、スヌープ・ドッグ、リル・ウェイン、ジョス・ストーンらをゲストに迎えてレコーディングが行われたこのアルバム。

付けられた『Betty Wright:The Movie』というタイトルには、ベティが自身を"グリオ"西アフリカのストーリーテラー、いわば伝道師や吟遊詩人のようなものに見立て、収録されている1曲1曲を1つの物語のように仕上げたかったのだという想いが込められているのだとか。

「それぞれの曲が、映画のようにヴィジョンを持つものとして歌われているの。14曲ということは映画14本ということよね」そう語るライトは、3歳のときにゴスペルグループ、ザ・エコーズで歌い始めてから、長いキャリアの中で15回ものグラミー賞ノミネーションを受けている大御所シンガーだ。

71年の代表曲「クリーン・アップ・ウーマン」は、100万枚以上ものヒットを記録し多くのアーティストに影響を与えてきた。若い世代の中には、リル・ウェインの大ヒット・アルバム『カーターⅢ』に収録された「プレイ・ウィズ・ファイア」でのデュエットで、彼女の名前を知った人が多いかもしれない。

■関連リンク
アリス・クーパーとケシャ、異色のコラボレーションについて語る

アリス・クーパー、メタリカとルー・リードのコラボに物申す!

P!nk、グウィネス・パルトロウと共演

メアリー・J・ブライジ、新作の続編、ビヨンセとのデュエットについて語る

スヌープ、娘の歌手デビューについて語る

リル・ウェインの「ハウ・トゥ・ラヴ」をジャスティン・ビーバーがリミックス

ガガ、レディオヘッド、ビーバー...ウェブを使いこなすアーティスト10組


■関連フォトギャラリー
スヌープ・ドッグ 40歳のバースデー・パーティで大はしゃぎ♪

グラストンベリー・フェスティバル2010


続きを読む