オジー・オズボーン、死んだサメでホテルの部屋を血まみれに!?

ステージ上でもオフステージでも、奇行蛮行の数々で有名なオジー・オズボーン。鳩やコウモリの頭をかじったり、アリの列を鼻から吸ってみたり...。そんな無茶をするたびに動物愛護団体は真っ青、ファンは大喜びなわけだが、ブラック・サバスのギタリストであるトニー・アイオミが、<NME>に話したところによれば、オジーは以前、死んだサメでホテルの部屋を破壊したことがあるという。またひとつ新たに、オジーの武勇伝とは言い難い、クレイジーなエピソードが追加されたということだ。

オジーは当時、すでにドラッグとアルコールによる高揚感に飽きてしまったため、いつも別のやり方でハイになろうとしていたのだとか。そしてその時、オジーが試したやり方が......ホテルの窓からサメを引っ張り込んで切り刻み、メンバーが泊まっている部屋を血まみれにすることだったのだ。一体どういう発想なのだろう...。

そんな奇行の数々がたたったのか、オジーは1979年に脱退。しかし1985年には短期的に復帰し、その後1997年から2006年までツアーを行ったが、近年メンバーは息を潜めていた。再結成の噂は幾度もあったが、彼らはこれを否定したり、うやむやにしたりして、ファンをやきもきさせていたのだ。

しかし先日ついに、オリジナル・メンバーでの再結成が、確かな情報として入って来たのである。11月11日11時11分に、公式アナウンスが行われるとのこと、そう、またあの伝説が蘇るのだ。
続きを読む