メアリー・J・ブライジ、新作の続編、ビヨンセとのデュエットについて語る

待望の新作『My Life II... The Journey Continues (Act 1)』を11月21日にリリースするメアリー・J・ブライジが、早くもこのアルバムの続編となる『Act 2』を来年5月にリリースする予定であると、<That Grape Juice>のインタビューで明らかにした。

『Act 1』にはダンジャ、ロドニー・ジャーキンズ、ジェリー・ワンダー、エリック・ハドソン、スウィズ・ビーツなど豪華プロデューサー陣を迎えたが、『Act 2』も前途のスウィズ・ビーツに加え、リコ・ラヴ、ジム・ジョンシン、そしてドレイクが参加するとのこと。

さらに今回のアルバムに収録されたビヨンセとのデュエット曲「Loving A Woman」についても触れた。「彼女と直接会って一緒に作業することは出来なかったのよ。ビヨンセのスタッフから、彼女のヴォーカルがレコーディングされたトラックを渡されたの。そのトラックには既に彼女のヴォーカルが全パートにフルの状態で入っていたものだから、私は'本当にこの曲もらっていいの? そして彼女のヴォーカルはどうしたらいい?'って彼らに聞いたの。そしたらスタッフたちは'ビヨンセは、貴女の曲にヴォーカルを残したいと望んでいる'って言ったのね。彼女は私とデュエットしたかったのよ。そんなわけでこの曲が完成したってわけ」直接のやりとりはなかったが、双方ともこの豪華共演を喜んでいる様子だ。

94年にリリースされた名作『My Life』の続編という位置づけの今作と、来年5月リリースのそのまた続編。しばらくの間メアリーは音楽シーンを賑わせてくれそうだ。


■関連リンク
ヘヴィー・Dの葬儀に、ディディ、メアリー・J. ブライジらが参加
オバマ夫人、フィットネスのBGMはビヨンセ
妊婦中のビヨンセ、自身のブランドで新たにマタニティー・ラインを計画!
T.I.とアッシャー、アトランタでテイラー・スウィフトと共演!
ベティ・ライトがザ・ルーツ、スヌープ・ドッグ、リル・ウェインらとタッグ!
ニッキー、ガガとのコラボ熱望!?




続きを読む