アデル、手術後の回復順調! 「今はとても幸せ」

声帯の手術を受けてから初めてアデルは、自身のウェブサイト上にて、近況を明かした。一時期は「実は喉頭癌の手術なのではないか」とさえ、噂させれていたアデル。しかし手術を受けた後の回復は至って順調であるようだ。

「前向きに私の手術を捉えてくれた皆さん、お見舞いのメッセージをくれた皆様、本当にありがとう!私は今とても順調で快方に向かっているわ。今はとっても幸せでリラックスしているし、全てとってもポジティブな状況よ。手術はもちろん成功したし、ドクターからのOKサインが出るまでは、しばらくくつろいでいるつもり」

ボストンのマサチューセッツ総合病院にて、アデルの声帯のレーザー手術を執刀したスティーブン・ザイテルス医師は、あのエアロスミスのスティーブン・タイラーを助けたことのある名医であり、同病院ボイス・センターのディレクターだ。今回のアデルの手術後の状態に関して彼は、「彼女は、もう少し完璧な回復を待った方がいい」と述べているとのこと。

まだ復帰の日程などは明らかにされていないが、「そろそろパントマイムのショーの練習に戻ることにするわ。じゃあね、みんな! 」とちょっとしたジョークも交えてコメントできるほどアデルの精神状態は、良好のようだ。

しかし「Sun」誌が行った直近のインタビューでは、アルバム『21』の曲のモデルとなった元彼に関して「ほろ苦い思い出だし素敵な思い出よ。彼がいたからやってこれた。恋しいわね彼が...。歌を歌うとき時々辛くなるの。私たちの良かった時期がどんなに素晴らしかったか、そして最悪な時期がどんなにひどいものだったかを思い出させるから」とまだ吹っ切れていない様子だったアデル。やっぱりこうしている現在も、時々彼のことを思い出しているのでは?

■関連リンク
アデルにつきまとう「咽頭がん」の噂
キッスのシンガー、ポール・スタンレーが喉の手術
アデル、『21』のモデルになった元彼について語る
続きを読む