ニッケルバッグ、アメフトファンの出演停止要請にパロディ動画で応戦

今度のサンクスギビング(感謝祭)の日に行われる毎年恒例のアメフトのデトロイト・ライオンズとグリーン・ベイ・パッカーズの試合が行われる。優勝争いに関わる非常に重要なゲームであると同時に、この日の七面鳥食べながらのテレビ観戦というのは、ファンにとって昔からの楽しみなのである。

今年はその重要な試合のハーフタイム・ショーでニッケルバッグが演奏する予定だったのだが、ライオンズファンがこれに異議を唱え、彼らの「出場中止」を求める請願書を募ったところ、なんと6万人近くの署名が集まってしまったのだ。世界でも圧倒的セールスを誇るバンドだが、アンチも大勢いるということなのだろうか。ともかくニッケルバックとしては、この上なく不本意な事態のはず。しかし、そこで大人しく諦める彼らではなかった...。「かなわないなら楽しんじゃえ!」とばかりに、彼らはこの騒動をパロディ化した爆笑ムービーを作ってみたのだ!

映像には、レコード会社の重役に扮したコメディアンのポール・シアーとタッグを組んで、「どうやったら出場できるか」の会議を行うニッケルバックの姿が。「こうなったら、デトロイトの奴らが好きなソウルバンドに方向転換して"4ニッケルズ"として出よう! 」とか「ロボコップやアリス・クーパーのコスプレで...」などと無茶を言うレコード会社の社長役のポールと、バンドのとぼけたやり取りに思わず吹き出してしまいそうになるこのムービー。

悪意と嫌悪感に満ちた大勢からの攻撃に対して、このようなユニークな切り返しを見せた彼らは、実にあっぱれ! 転んでもただでは起きないニッケルバックである。まぁ、自分たちをネタにして笑えるくらい心とお財布に余裕があるということなのだろうか。


Nickelback responds to NFL Petition(動画)

■関連リンク
テイラー・スウィフト、人気テレビ番組出演で爆笑!
オジー・オズボーン、爆笑アドバイス本を発売!
続きを読む