元オアシスのギャラガー兄弟、法廷争い再び

元オアシスのノエルとリアム・ギャラガー。かつて2人は「ドント・ルックバック・イン・アンガー」と歌っていたが、彼らの兄弟喧嘩は終わりそうにないようだ。しかも争いの場を再び法廷に移すという事態になるらしい。

新たな告訴状でノエルは、リアムが「妻の電話に卑猥なメッセージを残した」ことと、「自分にギターで殴り掛かろうとした」ことを訴えている。また、ライブを放棄してファンや関係者を心理的に傷つけことを取りあげ、何年もの間、問題とされてきたリアムの無責任な態度にも言及。

さらに「ノエルに対するギターでの襲撃は彼がオアシス脱退を決めた理由」だとして、「リアムは自分の楽屋へ行きギター手に戻ると、それを斧のようにして振り回しノエルの顔めがけて打降ろしてきた」と書類には記録されている。

そもそもの発端は、今年の初頭に「2009年のVフェスティバルで予定されていたヘッドラインのショーをオアシスが急遽キャンセルしたのは、リアムの二日酔いのせいだった」とノエルが発言したのを受けて、リアムは訴訟を起こしたことであった。しかし、その後ノエルは「リアムの喉がウイルスにやられていた」ことを明かし謝罪、一旦争いは鎮火したかに見えたのだが...。どうやら骨肉の争いが再燃しそうなのは間違いなさそうだ。オアシスの再結成など夢のまた夢。今はビーディ・アイとハイ・フライング・バーズを楽しむより他はない。

■関連リンク
リアム・ギャラガー、ノエルの'二日酔い'発言を正式に告訴
ノエル・ギャラガー、レディー・ガガは「マドンナの劣化版」
ノエル・ギャラガーズ・ハイフライング・バーズ、トロント公演で北米デビュー
続きを読む