ファイストとマストドン、コラボレーション7インチで互いの曲をカバー

iPod nano のCMソング「1234」で知られるカナダ出身のインディ歌姫ファイスト。一方超ヘヴィなメタルバンド、マストドン。このあまりにも意外すぎる取り合わせの2アーティストが、お互いに曲をカバーしあうというコラボ企画を画策しているらしい。

ファイストは<Hit Fix>のインタビューで、「"メタルズ"(ファイストのニュー・アルバム)とメタルが出会う、なんてどうかしらと思ったの」と冗談めかして話しており、マストドンのベーシスト、トロイ・サンダーズは「このコラボは来年の'レコード・ストア・デー 2012'(独立系レコード・ショップを支援するイベント)のためのもので、7インチをリリースする予定だ」とMTVカナダでのインタビューで明かした。

「狙いは僕らが演奏することで、ファイストの曲に泥と埃をかけてやるってことかな。で、彼女にはマストドンの曲を綺麗にピカピカにしてもらう、っていうかんじだよ」さらに「実際に作業できるのは12月中だけだが、ファイストとのコラボでスプリット7インチをリリースして、レコード・ショップを支援するために出来る限りのことをしようと思っているよ」と続けた。

気になるのはお互いの選曲だが、ファイストのインタビューから察するに、マストドンは「Bad in Each Other」、ファイストは彼らの「Oblivion」をカバーするつもりのようだ。どんな仕上がりになるのか楽しみでる。

■関連リンク
アリス・クーパー、メタリカとルー・リードのコラボに物申す!
マドンナ、新作でニッキー・ミナージュとM.I.A.とコラボレーション
アリス・クーパーとケシャ、異色のコラボレーションについて語る
続きを読む