ティンバランドが激白「ずっとアリーヤのことが好きだった」

名プロデューサー、ティンバーランドが、長い間隠していた秘密を、12月19日に放送された<E! Online>の'True Hollywood Story'の中で明らかにした。

ティンバランドといえば、10年前に飛行機墜落事故で死去したR&Bシンガーのアリーヤのプロデューサーでもあり、コラボレーターでもあった人物だ。彼は同番組のインタビューの中で、長年増えすぎた体重に悩んでいたことや、自殺しようとまで考えていた出来事、そしてこれまで誰にも明かさずアリーヤに抱いていた気持ちまで、全てを語ったのである。

「アリーヤに初めて会ったとき......今だから打ち明けるんだけど、俺は彼女に恋をしてしまったんだ」と衝撃の告白をしたティンバランド。しかし彼がその想いを行動に移すことはなかったという。「 '彼女はまだ若過ぎるし、俺は若くないんだぞ' って当時は自分に言い聞かせて、心の中ですごく葛藤してたんだよ。でも俺は本当に心から彼女を愛していたんだ」

アリーヤは2001年8月15日、バハマからのフロリダへ向かう途中に起こった不慮の飛行機事故によって命を絶たれた。もし生きていたら来月で33歳。40歳のティンバランドとの年の差はさほど気にならない気がするのだが...。

ずっと伝えられない想いを秘めたままだったティンバランド。彼がアリーヤの訃報を聞いたとき、大きなショックを受けたと同時に、告白しなかったことを後悔したのではないかと思うと切ない。今年8月の彼女の命日に、音楽界から多くの追悼メッセージのツイートがあった中、ティンバランドはアリーヤに向けて、「miss you, babygirl(君がいなくて寂しいよ、ベイビーガール)」とツイートしていた。


■関連リンク
コモン、過去の失恋を暴露「俺は電話でエリカに捨てられたんだ」
ローリン・ヒル、衣装の返却を怠り訴えられる!
ジャネット・ジャクソンの元夫が告白、「マイケルが俺の自殺を止めてくれた」
続きを読む