ジョン・ボン・ジョヴィ、死亡説を本人自ら否定

12月19日夜、ボン・ジョヴィのフロントマン、ジョン・ボン・ジョヴィが、ネット上で噂になっている自身の死亡説について、自ら否定した。

「ジョンが実は死んでいた」という噂は、インターネットを通じて急速に広まり、ツイッター上で大きな話題を呼んでいた。

そんな中、この死亡説に対して、まずジョンの広報担当者が「ジョン・ボン・ジョヴィは生きているし、元気です。明日はチャリティコンサートを行う予定です」とツイート。そう、ジョンは死ぬどころか、チャリティに精を出していたのである。

さらに12月19日夜、ジョンは自身が映った写真を投稿し、健在であることを自らアピール。おまけに写真の中でジョンが掲げているボードには「天国ってところは、ニュージャージーにとっても良く似ていたよ」と日付入りで書かれていた。ジョン流のジョークで、ファンをひと安心させることができたようだ。


■関連リンク
続きを読む