リアーナを差別用語で表現した雑誌の編集長が辞任!?

先日オランダの雑誌<Jackie>が、リアーナのことを差別用語で形容したことに対して、激怒したリアーナ本人がツイートで出版社に反論。これを受けて、同誌の編集長がとうとう辞任を決意したようだ。

同誌は、「the ultimate n ○○○○ b○○○○(究極のニガービッチだ)」などと、差別用語「ニガー(黒人に対する差別用語)」や「ビッチ(女性に対する差別用語)」を用いて、リアーナのことを表現した記事を掲載していた。

後日、<Jackie>の女性編集長がフェイスブック上で、「悪い冗談だった」として謝罪のコメントを投稿していたが、怒りがおさまらないリアーナは、この編集長のツイートに、直接「あんたたちが英語を理解できることを望むわ。あんたのところの雑誌では、今時常識のはずれの、人権をまるで無視したお粗末な表現しかできないみたいだから。失礼極まりない上に、救いようがないわね。あんたたち脳みそ使い果たして、まともで合法的な言葉使えなくなったんじゃないの?」といった怒りのツイートを投稿。さらに、オランダ中の多くの女性に対して、マトモな記事を提供して世の中に貢献すべきだと述べた後、「最後に、私と同じ人種の代弁として、敬意を込めてこの2文字を捧げるわ。'F○○○ YOU(くだばれ!)'」と捨て台詞まで吐いていた。

この一連の出来事はネット上で大きな話題になっていたが、先日、この編集長は「あのような記事を掲載したのはとても軽卒な行動だったと後悔しています。人種差別に関して何の意図もなかったものです。私のこの行動が出版社のみんなに良からぬ評判をもたらすので、私は編集長のポジションから即刻離れたほうがよいでしょう」と辞任する意向を示した。

確かに出版社の編集長として、今時常識である使用厳禁のワードを掲載したことは、いかんともしがたい事実。果たしてリアーナの怒りは、彼女の辞任を持ってして、終息へと向かうのだろうか?


■関連リンク
リアーナのファンから北アイルランドの農夫に悪意のメール殺到
リアーナ、ジェイ・Zやカニエの歌詞を引用し「Hビデオ」の存在を断固否定
モリッシー、NMEを名誉毀損で訴える「私は人種差別主義者ではない」
続きを読む