ヴィンス・ニール、「本気でモトリー・クルーを辞める」!?

50歳になるヴィンス・ニール。ギラギラしたロックンロールを30年間続けてきた、快楽主義的ならずものバンドのモトリー・クルーのフロントマンであるが、近頃どうやらバンドを辞めることを真剣に考えているらしい。

バハマ諸島の海の上を所有するヨットでクルーズしながら、<Las Vegas Sun>のインタビューに答えたヴィンスは、2月のラスベガス・ハードロック・ホテルでの公演を最後に、バンドとは違う方向へ進もうと考えているのだという。「今あまりにもいろんなチャンスが目の前にあって、それを追求しなかったことを後で後悔したくはないんだ。でもそれをバンドと両立できるかどうか、正直自信がない。今まで本当にエキサイティングな人生だったし、どの瞬間も最高だったよ。でも今こうやって南の島で羽を伸ばしていると、落ち着いていろんなことを考えることが出来るんだ。これからどうやって残りの人生を過ごしていきたいか、じっくり考えて見ているところだよ」

今年はモトリーのバンド史上最高のツアーを行ったし、30周年を祝うライブは世界各地で軒並みソールドアウトを記録した。もし今辞めたとしても、ミュージシャンとしてのキャリアとして最高の状態で辞めることになるわけで、美しい去り際と言えるだろう。

今のところ、次のステップが具体的にどういうものなのかは明らかにされていないが、ゆっくりとバハマで考え抜いた末に、彼から何らかの答えが出されるのかもしれない。


■関連リンク
モトリー・クルー、ファンに警告「インドネシアでのライブ情報はデタラメ」
デフ・レパードのジョー・エリオット、モトリー・クルーについて語る
スラッシュ、「ロックの殿堂入りの式典に参加するとは言ってない」
続きを読む