ドレイク、背中にアリーヤのタトゥー!

最近タトゥーがらみの話題が続いているドレイク。先日、彼が上半身裸でテニスに興じている写真が、本人によってアップされたのだが、その背中にはあのアリーヤの顔のタトゥーが。さらに、そのアリーヤのそばには飛んでいる鳩の姿も彫られていた。

アリーヤは2001年に飛行機事故で亡くなった伝説的R&Bシンガー。ドレイクが彼女の大ファンなのは有名な話で、昨年の命日には、彼女に敬意を表する手紙を書いていたほどだ。ちなみに、彼のデビュー・アルバム『Thank Me Later』の収録曲「Unforgettable」では、アリーヤのデビュー・アルバム『Age Ain't Nothing But A Number』の曲「At Your Best (You are Love)」の一部を、敬意を込めてサンプリングし、使用している。

人気絶頂の中、あまりに突然訪れたアリーヤの死は、当時の音楽業界に衝撃を走らせた。R&Bファンの中で知らないひとはいないだろうが、死後10年以上が過ぎた現在でも、彼女は多くのアーティストから支持されている偉大なシンガーであり、魅力的な女性なのである。先日、アリーヤのプロデューサーであったティンバランドも当時、彼女に密かな恋心を抱いていたことを告白している。ドレイクもきっと、彼女の死を伝えるニュースを聞いて涙を流したファンの1人であったのだろう。

■関連リンク
女性ファンの額に彫られたドレイク・タトゥーについて、本人がコメント
ティンバランドが激白「ずっとアリーヤのことが好きだった」
レニー・クラヴィッツのニューアルバムにジェイZとドレイクが参加
続きを読む