2011年、亡くなった偉大なアーティストたち

2011年も残すところ、あと少し。今年も多くの名曲や才能を持った新たなアーティストが世に出たが、忘れてはいけないことがある。大きな天災がこの世界を襲ったことを、そして惜しまれながらその尊い人生に幕を閉じた偉大なアーティストたちの存在を。

全てのアーティストの名前をここに挙げることは難しいが、今年世を去った偉大な音楽家たちの名前をここに並べよう。

ゲイリー・ムーア(享年58歳、2月)、ロレッタ・ハロウェイ(享年64歳、3月)、ネイト・ドッグ(享年42歳、3月)、ブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンドのクラレンス・クレモンズ(享年69歳、6月逝去)。エイミー・ワインハウス(享年27歳、7月逝去)、ニック・アシュフォード(享年69歳、8月逝去)、元ウィーザーのマイキー・ウェルシュ(享年40歳、10月逝去)、フレディ・グルーバー(享年84歳、10月逝去)、ヘヴィD(享年44歳。11月逝去)、ドン・デヴィート(享年72歳、11月逝去)、ポール・モーシャン(80歳、11月逝去)、フォートップスのジョージ・ラウントリー(享年61歳、11月逝去)、ラルフ・マクドナルド(享年67歳、12月逝去)。セザリア・エヴォラ(享年70歳、12月逝去)。フィリップ'ファティス' バレル(享年57歳、12月逝去)。

全ての名前をここに挙げられないことが残念だが、彼らと彼らが生み出した音楽のことを少しだけ振り返ってみよう。失われた命そのものは損失であるに違いないが、それでも残された音楽は永遠に変わらず生き続けるということの素晴らしさを感じよう。

■関連リンク
アデル、アメリカン・ミュージック・アワードで4部門にノミネート!
Pjハーヴェイ、2011年のマーキュリー賞受賞
フー・ファイターズ、MTVビデオ・ミュージック・アワードでベスト・ロック・ビデオを受賞
続きを読む